上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.19 旅の終わりに
1年間に及ぶ世界一周の旅が終わります。

旅立つ前には「自分探しの旅に出るの?」とよく聞かれた。
旅立つ前から自分というものはあった、けれど世界を見つめ日本を見つめて自分を見つめる旅ではあった。
自分という根っこの上に沢山の枝を拡げることは出来たんではないかと思う。

日本を外側から見てみて自分が日本の事をいかに知らないか恥ずかしい限りだけれど、日本人がもつ情緒や思いやりの心というものは素晴らしくこれからも大事に忘れてはいけないもので、日本という国に対して今は祖国愛や誇りをもっている。

そして今を生きるという事。
人は過去も未来も変えられないし生きる事も出来ない。
喜び怒り哀しみ楽しみ、視て聞いて嗅いで触って味わって、笑って泣いて話して聞いて食べて飲んで歩いて走って自分の持つ感情や感覚をつかって今というこの瞬間を生きることの大切さ、今が幸せなら未来もまた幸せになる。
幸せだから楽しんではなく、楽しんでいるから幸せなんだ。
いくつもの大切なものを見つけることができた。

「出会った人、愛すべき運命とその全てがガソリンとエンジンさ」
旅中に何回も聴いたCarava
旅先で出会った旅仲間・現地に暮らす人々、旅の間に出会ってきた親切な人達に自分は「ありがとう」という言葉しか返すことができなかった。
次は自分が誰かに繋げる番だ、喜びや笑顔の連鎖がいつまでも続くように。

さぁ、大切な人達が待つ愛すべき我が国に帰ろっと。
スポンサーサイト
2009.09.17 ここは?
IMG_1102.jpg

IMG_1017.jpg

IMG_1113.jpg
日本の48番目の都道府県とも言える日本人だらけのハワイにやってきました。
街の至る所に日本語の案内があり、お店に入れば日本語で案内されてしまうような場所。
ブランド品を買い漁るわけでもマリンスポーツをするわけでもなく、欧米人のヴァケーションスタイルに則り毎日ビーチで海を眺めながらこの旅のことを振り返ったり、今後の事を考えたりしながらハワイアンタイムを過ごしてる。
IMG_1029.jpg

IMG_1028.jpg

IMG_1108.jpg
ハワイなんてと思うかもしれないけれど、やっぱりここは素敵な場所です。
さぁ、今日もビーチに行こうかな。
IMG_1023.jpg

IMG_1082.jpg

IMG_1038.jpg

IMG_0998.jpg

IMG_0844.jpg
東海岸のニューヨークから飛行機で一気に横断して西海岸のサンフランシスコへ
そこからバスに乗りアメリカが誇る大自然、ヨセミテ国立公園へ行ってきた。
公園内は整備が行き届いていて、自然の中だけれど人工的に作られた自然という感じもした。
南米の自然が圧倒的過ぎたのでこう感じてしまうのかな。。。
IMG_0961.jpg

IMG_0974.jpg

IMG_0972.jpgIMG_0992.jpg

IMG_0993.jpg

IMG_0995.jpg
サンフランシスコを後にして、いよいよ今回の旅最後の場所へ
最後はバックパッカーらしくない日本人が大好きなあの島です。
IMG_1012.jpg
2009.09.11 September Eleven
2001年9月11日 午前8時46分40秒
ニューヨーク市の世界貿易センター(WTC)北棟に1機目の飛行機が突入、それから約20分後2機目の飛行機がWTC南棟に激突。
約3000人の犠牲者が出たアメリカ同時多発テロ。
日本で最初にこの映像を見た時には、何かの間違いではないかと思った。
その日は寝ずに夜通しニュースを見続けたことを覚えてる。
IMG_0946.jpg

IMG_0942.jpg

IMG_0937.jpg
2009年9月11日
偶然にも事件発生から8年がたった今日、自分はニューヨークにいた。
その日は朝から雨が降っていた、遺族たちの悲しみを代弁するかのように。

あの事件の背後に何があったのかはわからない、けれど犠牲になった人達の人生を奪う権利なんてないはずだ。
たとえどんな信義があったとしても彼等の行った行為には憤りを感じる。

その後アメリカは報復の為にイラク・アフガニスタンへ攻撃し戦争が始まった。
報復が報復を呼び、アフガニスタン情勢は混沌としている。
IMG_0935.jpg

IMG_0936_20090912075352.jpg

IMG_0938.jpg
一体どれだけの血が今までに流れたんだろう。
いつになったら憎しみの連鎖を止めることができるだろう。
Johnが生きていたら何と言っただろう。
現実は善と悪に分けられるほど単純ではなく、色々な事情が絡まり戦争が起きており戦争がなくなる日なんて来ないんではと思う。
けれど、それでもいつか憎しみの連鎖を断ち切り戦争がなくなる日が来ることを願わずにはいられない。
IMG_0940_20090912075334.jpg

IMG_0941.jpg

IMG_0874_20090912075405.jpg
現在WTC跡地にはLiberty Tower(自由の塔)の建設真っ最中。
悲しみを乗り越えてニューヨークは進化しようとしています。
IMG_0864_convert_20090911230122.jpg

IMG_0832.jpg

IMG_0833_convert_20090911225718.jpg

IMG_0839_convert_20090911225914.jpg
1977年に放送開始されたアメリカ横断ウルトラクイズ、その最後の決勝の舞台はニューヨーク。
そして自分も遂に最後の大陸である北米大陸のニューヨークにやってきた。

ニューヨーク、凄い街です。
世界の全ての人種がここにはいる様に思われ様々な文化や言語が入り乱れ、人間の持つエネルギーが渦巻き強力なパワーを世界に向けて放っている。
この街と肩を並べ合えるのはイギリスのロンドン位だろうか。

自転車を借りて走ったマンハッタンの街は意外と小さかったけれど、見所は山ほどあり時間が全然足りない。。。
最低でも2週間位かけてじっくりと見ていかないとこの街の姿は見えてこないんだろうな。
IMG_0876.jpg

IMG_0902_convert_20090911230327.jpg

IMG_0903_convert_20090911230417.jpg
ボリビアのラパスでウユニ塩湖に一緒に行こうと誘ったのが、大ちゃんとの旅の始まりだった。
IMG_0875.jpg
旅の道中で一緒に観光したり、移動したりする事は今までもあったけれど、1ヵ月半もの間一緒に行動して、色々な出来事を共有し様々な話をお互いにしてきた。
IMG_0338.jpg
恋愛・仕事・生き方・豊かさ・幸せについてと、下らない話から真面目な話まで沢山の話をしてきた。
夢の話を楽しそうに語っている時はとてもいい顔をしていた。
IMG_0571.jpg

IMG_0714.jpg
俺がアルゼンチンでトラブルに巻き込まれた時には、本人以上に悲しみ怒っていた。
自分も物事を何でも前向きに考える方だけれど、過去に体験してきた劇画のような出来事を全て笑い話にしてしまう大ちゃんの前向きさには嫉妬する程だった(笑)
IMG_0744.jpg

P8250519.jpg
旅をしていれば、出会いと別れは日常的に訪れる。
いつだって別れは寂しいもの。
「こんにちは、ありがとう、さよならまたね」
そんな言葉を大切にして、いつかまた逢える日を楽しみにしながら僕らはそれぞれの旅を歩み始めた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。