上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/12

「東洋のモナリザ」と評されるデヴァター像があるバンデアイ・スレイへ。
バンデアイ・スレイは赤い砂岩により建造されていて、今まで観て来た遺跡とは印象が違う。
遺跡の中には精巧にほられた美しい彫刻が数多くあった。

カンボジア12

カンボジア23

カンボジア22カンボジア21
一つ一つの彫刻に物語があるのだが、ガイドを雇っていない自分にはわからず。。。


で、肝心の「東洋のモナリザ」なのだが現在は修復作業中?の為、観る事は出来なかった。。
「東洋の真珠」と呼ばれるペナン島はがっかりだったので、期待していたがまたもや残念な結果になってしまった。。

翌日はカンボジア滞在最終日なので、連日天気が悪く迷っていたアンコールワットへ日の出を観に行ったのだが、こちらも残念な結果に。。。

カンボジア18
天気が良い日にはきっと朝日に照らされたアンコールワットが見えるんだろうな?
厚い雲の向こうに紅い光が微かに・・・


カンボジアは近年まで内戦状態であった事から貧困と内戦の爪痕は到る所に見受けられて考えさせられる事が色々とあった。
地雷博物館の夥しい程の地雷の数、そして写真の中の犠牲者達。
アンコールワットと同じ位インパクトがあり、忘れてはいけない事だと思う。
遺跡内であった子供達には笑顔が無く、観光客はお金としか見てないような振る舞いに寂しくもありこれが彼・彼女たちの現実なんだとも思った。
彼・彼女達にどう対応するべきなのかは自分にはまだわからない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/11-207de596
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。