上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/10

ラオスからベトナム・フエへ
ラオスからベトナムへの移動は今までで一番辛い移動だった。
まずバスがとてつもなく古くリクライニングは皆無、さらに米やら野菜などやたらと荷物を積み込み足元まで荷物で占領され、タバコは吸うし唾は吐くとなんでもありの車内。
更に乗っているツーリストは見渡す限り自分だけの状況に不安な気持ちが込み上げる。

この後のベトナムの旅で常に付き纏ったベトナム人の超自己中ぶりはこの時点から辟易させるものがあった。

そんな辛い移動を終えて辿り着いた街「フエ」
フエの街は新市街と旧市街に分かれており旧市街の王宮は世界遺産に登録されている。
ベトナム09(フエ)ベトナム10(フエ)

ベトナム01(フエ)
旧市街の街は王宮を中心にして広がっており、平安京などと同じイメージが湧いてきた
京都・奈良の建物同様に歴史の流れを感じることが出来る素敵な場所だった。

ベトナムはフランスの植民地だった事もあり他の東南アジアの国ではおいしいパンを食べる事は中々出来なかったのだけど、泊まったホテルの下にあったパン屋さんは味は基よりその店の看板娘?はかわいくて感じも良く自分が出会ったベトナム人の中で唯一素敵な人だった。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/18-6e61b9fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。