上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/9/23

自分の中でのシンガポールと言えば「マーライオン」と「シンガポールスリング」

マーライオンは以前訪れた際には遠くから眺める事しか出来ずがっかりだった。
今は海沿いの公園にあり近くから眺める事が出来るようになっていたが、やはりさして感動をする事も無かった。
それでもシンガポールのランドマークである事には違いなく、近くにはオシャレなカフェなどもありのんびりと過ごすにはいい雰囲気だった。
自分は行ってないけれどセンドーサ島にはでっかいマーライオン像があって、展望台として中に入る事や夜になると光のショーをやっているらしい。

シンガポール08
マーライオン。
夜にはライトアップされ市民の憩いの場所になっていた。

シンガポールスリングはその名の通りシンガポールで生まれたカクテルで是非とも発祥の地シンガポールのラッフルズホテルで一杯飲んでみたかったが、ラッフルズホテルはシンガポールが誇る最高級ホテル。
入り口にはポーターやドアマンなどがおり、年をとり世間一般の常識?(マナー?)などを多少は気にするようになった自分は半そで・ジーンズ姿でそこへ入る事が出来ず、立派なホテルの概観を眺めて終わることになった。

Singapore_Sling.jpg
シンガポールスリング。
いつの日かまた訪れる時があれば飲んでみたい。

シンガポールの街を歩いてみてショッピングセンターやホテル・マンションなどの工事が多数行われており、他の東南アジアの数倍の物価基準も納得の光景であり、都会であるイメージはあったが想像を上回る街並みに正直ビックリした。
街の中心部は洗礼された都会だが、チャイナタウン・リトルインディア・アラブストリートという濃い感じの通りもあり、この小さい国の中で色々な文化・人達が混ざり合って共存している。

シンガポール03
アラブストリートにあるモスク。
中は見学が可能でイスラム教徒の人がお祈りをしている。

夜は同部屋の日本人とアイルランド人とシンガポールスリングの代わりにシンガポール原産のタイガービールで乾杯し1日を終えた。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/2-52cfa27c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。