上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/26

入院生活も3日目を向かえたが、症状は回復せず目が見えないのでひたすらベッドで横になっている事しか出来なかったが、毎日スガラヤの日本語教室の生徒が見舞いに来てくれて話し相手になってくれた事は嬉しかった。

そんな会話の中で
「空港が占拠されちゃいましたよ」と一人の生徒が言った。

へ、占拠?
最初は理解が出来なかったが、スガラヤが新聞を買ってきてくれて読んでもらうと反政府組織が空港を占拠し、一切の入出国が出来ない状態で、写真には大勢の旅行者が空港で足止めをされている状況が載っていた。
この時はあの日インドに行ってればこの状況に巻き込まれる事も無かったのにと思ったりもした。

しかし翌日更に大きな事件が起こった。
インド・ムンバイでの多発テロ、テロが起きたムンバイは自分のインド最初の街であった。

自分は神の存在も信じていないし、いかなる信仰もしていないが、この時は見えない大きな力が働いて自分はこうして今ここに居るんだなと思わさせられた。

睡眠薬強盗にあったが外傷はなかった、もしあのままインドに行っていたらムンバイでテロに巻き込まれた可能性もあった。
悪いと思われる事が起きても、もう一方では良い事?というか救われる部分もあるんだと。
唯一知っているフランスの諺が頭に浮かぶ、
「C`est la vie」?それが人生だ?
「全ては繋がっている」と感じさせる出来事だった。

スガラヤは日本に居た時に母親に凄い助けてもらったと話してくれた、そして時を経て今度は自分がスガラヤに色々と助けてもらった。
生きていく中で人との繋がりはとっても大切な事であり、自分の周りに居る人達への感謝・大切に想う気持ちをいつまでも風化させずに繋げていきたいと思う。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/23-cf80570a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。