上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネパール13
誰が考えたのかわからないけれど、自分の国名を素敵な言葉で表せるNEPAL。

実際には現在も一部マオイスト(反政府組織)によるテロ活動
連日の長時間の停電(電気が使える時間が夜中の12?4時は使えるが誰がそんな時間に使うんだ?)
頻繁に起こるストライキによる店の一斉クローズ
観光業が主要な産業であるはずなのにインフラ整備の悪さ加減と国としての機能しているかには突っ込みどころが満載だけれど、街は優しいほのぼのとした空気で包まれていた。
ネパール15
ネパール06
ネパール12
インドよりも貧しいはずなのに、ネパール人は優しくほほ笑んでくれていた。
トレッキングをお願いした旅行会社の人は出発する前は通りがかる度に気さくに対応してくれ、終わったあともわざわざ連絡してきてくれ自宅での夕食に招いてくれた。
ガイドさんもトレッキング後も一緒に飲みにいこうと誘ってくれ、手紙までくれた。
そこにはビジネスを超えた人の繋がりを感じ、そんなネパールの人達に感謝の気持ちで一杯になった。
ネパール10
短い滞在期間だったけれどお金では買えない思い出を沢山くれたネパール。
そしてネパールではお金は大切だけれど、それが幸せの条件ではないと思える事もできた。
またいつの日か訪れるときにも身勝手な思いだけれど変わらずにいてほしいと願ってしまう。
ネパール14
明日からはまたインド人との戦いの日々が再開される。
ツーリストにとっての魔の三角地帯と呼ばれるデリー・アーグラーの2つの街も待っている。
ここから本当の戦いの幕開けです。
ネパール08
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/37-a748497d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。