上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タージ・マハル
世界一美しいとも言われるお墓。
ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハルの死を悼んで建設した霊廟。
その建築には世界各地から2万人の職人と22年の歳月をかけて建造させたといわれている
タージ・マハル01
完全なる左右対称なその様からは、完璧さゆえの冷たさを感じられる。
(唯一左右非対称なのが内部にある二人の棺の位置
当初、シャー・ジャハーンは自分のお墓として黒大理石による黒タージを建築しよう計画していたが自分の息子により幽閉され、黒タージは建築されなかった。
その為、白タージの愛する王妃の横に一緒に並べてあるのだが、王妃の棺は真ん中にあり皇帝の棺は無造作に左側に置いてあり左右非対称になっている。)

元々が愛する人の為だけに造っただけでも凄いのだけれど、真偽の程は定かではないが、タージマハルには色々な逸話が残されている。
タージ・マハル02
国の財源を傾けてまで作成したとか
竣工後は、タージ・マハルよりも美しい建築物を作らせない為に、一生の面倒を見る代わりに職人の腕を切り落としたとか
笑えるというか何というか。。。

タージ・マハル03
そして何と言っても入場料が高い、高すぎる。
インド人10R(20円)に対して外国人750R(1500円)と圧倒的な差。
正直、750R払う価値があるのか自問していたが、観光地化されているのでほのぼのムードなんだけれど、霊廟内部に入り歩いてみるとやはり何か特別な力を感じさせてくれる場所だった。

南インドのアウランガバードに「ミニタージ」と呼ばれるタージ・マハルを真似て造った建物ががあるけれど、オリジナルが出すオーラまでは似せる事が出来なかったかな。
ミニタージ
「ミニタージ」写真で見る限りはほぼ同じに見えるけどね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/39-0fd7b98a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。