上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドへの誘い
インド、それは人間の森。
木に触れないで森を抜ける事が出来ないように。
人に出会わずにインドを旅する事は出来ない。
さよならインド01
地球の歩き方の序文の通り、インドの魅力とはインド人に尽きると思う。
エローラ遺跡の石窟群も、ケララのバックウォーターも、カニャクマリのSunrizeも、ヴァラナシのガンガーも、アーグラーのタージ・マハルも素晴らしかったけれど、インド人の魅力には適わない。
そんなインド人達を紹介。

エントリーNo1 一般市民の皆様
街を歩けば「ジャーパニー」「葉っぱ、マリファナ、ハシシ」と通り過ぎざまに話しかけてくる。
カメラを向ければ、「バクシーシ」と手が伸びてくる。
駅などで並んでいれば堂々と割り込みをかましてくる。
出会って3秒でMyFriendになっている。
と、ただ街を歩いているだけで消耗してしまう。

エントリーNo2 ホテル・お店の皆様
ホテルにLaundryをお願いすれば、雑巾みたいな臭いをさせて出す前より汚れて返ってきた。
Check inの際のDepositを誤魔化そうとするホテルマネージャー。
お客さんの都合は考えず、自分の都合で仕事を店員。
何にもサービスをしないくせにChipを要求する、更にChipを支払えば少ないとぬかす店員。
と、気楽に泊まる事も買い物する事も出来ない。

そして、King Of India リクシャワラー&悪徳旅行会社の皆様
さよならインド03
道に迷っておきながら、余分に走ったからと追加料金を請求してくる。
勝手にボロホテルに案内しておきながら、断ると目的地には向かわずにお金だけ請求して立ち去る。
最初に料金は支払っているのに、バスの乗り換えの際に次のバスに乗りたければ追加料金を払えと脅してくる。
走り出してから荷物が重いから追加料金を支払えと脅してくる。
国境のイミグレ職員まで、初めての出国だからお金を払えと訳がわからない脅しをしてくる。
と、どこかへ移動するごとに激しくいい争いをしなくてはならない。

本当に何をするにも疲れてインド人に辟易した時に、善人なインド人達が現れる。
さよならインド02
顔馴染みになったチャイ屋のオヤジは明日この街を離れると伝えると泣きそうになって悲しがってくれた。
土産物屋の主人はお祖母ちゃんが長期間入院しているという話になったら、菩薩の顔の置物をくれた。
同じく土産物屋で出会ったインド人に日本とインドの事を話していたら「俺の心をプレゼントするよ」と言いインドの民族衣装を仕立ててくれた。

自分の感情のままに欲望に従って生きる人
自分に正直でありたいと思って生きる人。
神に全てを捧げて信仰に生きる人
路上で生まれ、生活し、死んでいく貧しい人
そしてそんな人達の存在を無視するお金持ちな人
様々な人がいて、インドというごちゃ混ぜな唯一無二の国を作っている。

インドを訪れた人は好きか嫌いかにはっきりわかれるとインド経験者の人達は口をそろえて言っていた。
正直な気持ち、インドの事は大嫌いだけれど気になる存在でもある。
多くの人がこうした矛盾した気持ちを抱き、インドを離れた後に恋しく思ってしまうのは、時に切れたり、喜んだり、考えさせられたり、10ルピー(20円)を巡って激しく交渉したりと嘘つきで愉快なインド人達と過ごした日々があるからだろう。
いつの日かインドが世界の中心になる時にこの国はどう変わっているのかな?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/41-75f8149c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。