上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.24 出会いの国
ヨーロッパとアジアが出会う場所・イスタンブール
トルコの文化が色々な出会いが出会って作られた様に、自分も色々な人に出会った国だった。

自分と同じく西回りで東南アジア・南アジアを周ってきた人、同じ西回りでも中央アジアを抜けてきた人、アフリカから中東を周ってきた人、東回りで北南米を周ってきた人。
その中には、10年間マッサージをしながら旅をしてる人、2年間かけて自転車で世界一周をしている夫婦、自分が愛読している世界一周ブロガーとの出会いなど沢山の良い出会いがあった。

でも、良い出会いがあれば悪い出会いもあるもので、この旅始まって以来の本気で怒りを覚える出会いもあった。

そんな出会いを経て様々な文化の交錯する国を後にしていよいよ本格的なヨーロッパへ突入です。
楽しみでもあるけれど、旅の費用の事を考えると心配。
まぁ、でも何とかなるだろうしヨーロッパの洗練された国々を駆け抜けてきます。

トルコの写真
IMG_1083.jpg
IMG_1077.jpg
・スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)
イスタンブールを代表する建築物、内部は青い装飾タイルやステンドグラスで彩られていてとてもキレイだったのもあり、常に人が一杯だけど無料だからついつい何回も通ってしまった。
白地に青の色調の美しさから通称ブルーモスクと呼ばれてる。

IMG_1084.jpg
IMG_1117.jpg
・アヤソフィア
東ローマ帝国(ビザンツ帝国・ビザンティン帝国)時代に正統派キリスト教の大聖堂として建設。
帝国第一の格式を誇る教会、コンスタンティノポリス総主教座の所在地であった。東西教会の分裂以後は、正教会の総本山。(Wikipediaより抜粋)
内部は博物館になっていて、貴重と思われる数々の宗教画があった。
キリシタンにとっては特別な場所なんだろうけど、無宗教の自分には入場料が高かったことの方が印象に残っている。

IMG_1132.jpg
どの街に行ってもあるモスクでは、時間になると人々が集まりメッカに向かってお祈りをしていた。
何度か見学させてもらったけれど、集団で祈っている姿は時に神々しくも見えたりした。

IMG_1221.jpg
トルコに入るまでは野良といえば「犬」だったけど、この国では猫がたくさんいた。

IMG_1421.jpg
一応、ヨーロッパに入っているしイスタンブールの街並みはヨーロッパぽいけれど、やっぱりアジアの香りとアラブ文化が感じられた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/51-f5ceea88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。