上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.30 Architectureの街
直前の2タイトルは完全にサッカー一色のネタだったので、今回は観光地としてのバルセロナの街をお届け。
IMG_0168.jpg
サグラダ・ファミリア
バルセロナのシンボルでもある巨大建築物
1882年3月19日に着工され今なお、建築中の教会。
IMG_0152.jpg
昼の壮厳な印象から、夜のライトアップされた姿は神秘的な感じに。
完成目標は2030年らしいけれど、超マイペースなスペイン人だからいつになるのかな?
でも、きっと完成後には後世でも絶賛される事でしょう。
IMG_1075.jpg
サグラダ・ファミリア内部からの眺望
ブロック分けされた美しいバルセロナの街並みは都市建築計画の成功例だと思う。

IMG_1059.jpg
カサ・ミラ
ガウディの代表的な建築物は大抵が、直線部分がなく波打つような概観は印象的な建物ばかり。

IMG_1067.jpg
カサ・バトリョ
マンションの壁にはタイルやステンドグラスの装飾をほどこされており、日を浴びている際にはキラキラと輝いている。

IMG_1055.jpgIMG_1056.jpg
IMG_1040.jpgIMG_1051.jpg
グエル公園
公園というよりも美術館や博物館の中庭という感じ。
曲線形のベンチ&ワニ?の彫刻には色彩豊かなタイルで装飾されていた。

IMG_1081.jpgIMG_1066.jpg
サグラダ・ファミリア内部の螺旋階段とカタルーニャ音楽堂のチケット売り場

P5241031.jpg
モンジュイックの丘
バルセロナ市民の憩いの場所かな?
丘の上にはモンジュイック城やオリンピックスタジアムがあった。

バルセロナではインドで出会ったタイスケ君と一緒に色々と歩いてきた。
こうした、旅中に出会った人と再会するのは楽しいもんです、またお互いに別々の旅になるけれど、きっとまたどこかで出会える事だろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/68-5e6a5bbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。