上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モロッコの街はヨーロッパの様に旧市街(メディナ)と新市街にわかれていて、昔のイスラム王国が建てたメディナは本当に巨大迷路の様に複雑になってる。
そのメディナが世界遺産にも登録されている街がフェズとマラケシュ。
IMG_1315.jpg
フェズ・エル・バリ
このごちゃごちゃ感、バルセロナの街とは正反対です。

そしてこの街に着いてからモロッコ人との闘いの日々が始まった。
旅人の間で言われてる世界3大ウザイ国モロッコ(あと2つはインド・エジプト)
ここまでは、田舎の街にしか行ってなかったので、モロッコってそんなでもないじゃんと思っていたのが甘かった。。。
インドの客引きもしつこいし、嘘を平気でつくけど強引に連れて行こうとはしなかった。
でもここの客引きは強引に腕をつかんで連れて行こうとするし、それをみた同業者が反対側の腕をつかんで連れて行こうとする、するとお互いの店の悪口を言い始める。
ていうか、どっちの店にも行かないし早く離せ、そしてどっか行け。
モロッコ特産の土産物ならまだしも、水を5倍の値段で吹っかけてきたり、チャイナに加えて貧乏旅行と声かけられたりと只でさえ暑くてゲンナリしてるところに追い討ちをかけるように暑苦しさを提供してくれます。
IMG_1325.jpg
そんな客引きたちは別として、メディナの中を歩くのは楽しいです。
一度メディナに足を踏み入れて細い路地裏をあてどなく歩いていると途端に迷子になり、あっちに行ったりこっちに行ったりしてようやく抜け出せたと安心したら、カフェで一休みしてして再挑戦。
そうして細い路地を進んでいくと、善良な職人さんが仕事場を見学させてくれたりします。
で、大抵こうした良い人は英語が話せないけど、身振り手振りでの会話を満喫。
IMG_1364.jpg
茶を振舞ってくれたベルベル職人
IMG_1341.jpg
マラケシュのフナ広場
夜になると屋台が広場周辺に出店されて、広場中央では大道芸人によるショーが行われており、毎日がお祭り騒ぎ。

モロッコ人商人とのやり取りはもうお腹いっぱいです。
だから、またひっそりとした街へ向かう事にします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/73-afe43e19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。