上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンデス山脈でイメージされるのは「コンドルは飛んでいく」
野生のコンドルを見るために1泊2日のコルカキャニオンツアーへ行ってきた。
(コルカキャニオンとは、アメリカのグランドキャニオンよりも深い渓谷であり、野生のコンドルが生息していることで有名な場所)

アレキパの街からバスで、アンデスの5000m級の山々を通り抜けてコルカキャニオンの拠点となる村チバイヘ。
IMG_0155.jpg
チバイへ向かう道中には野生のビクーニャやアルパカが生息していたり、アンデス山脈を背景に雄大な光景が広がっていた。
IMG_0153.jpg
ビクーニャ
標高3700mから5000mに生息していて、その毛で作られたコートなどは高級品です。
IMG_0161.jpg
アルパカ
こちらもアンデスを代表する動物、メルカド(市場)にはアルパカ製品がたくさん売ってます。
IMG_0170.jpg
石が詰まれた大地の向こうに見えるアンデス山脈

夕方前に標高3600mの場所にあるチバイへ到着、チバイはアンデス山脈に囲まれており、今なおインカ文明の香りを残した小さな村。
IMG_0262.jpg
村の女の子達は民族衣装に身を包み生活をしている。
IMG_0186.jpg
リャマを連れた少女や子羊を従えた少年などアンデスのローカルな雰囲気が満載だった。

1日目はチバイ村の近くにある温泉があり、久し振りに入った温泉はとても気持ちが良かった、温泉はやっぱり最高ですね。
IMG_0216.jpg
翌朝5時30分極寒の中、ビューポイントであるクルス・デル・コンドルへ出発。
身を切るような寒さの中待つこと1時間、遠くのほうから歓声が聞こえ、遂にコンドルが姿を現した。
IMG_0254.jpg
風に乗って飛行するコンドル、頭の中では「コンドルは飛んでいく」が流れてます。
IMG_0235.jpg
コルカキャニオンを優雅に飛行するコンドルに、みんな無我夢中にシャッターをきる。
IMG_0248.jpg
オーディエンスの要求をよくわかっているのか、最後には岩場に止まってくれました。

コンドルは、もちろん、コルカキャニオンへ向かう道中にも雄大なアンデスの風景が見られて、大満足だった。
次はいよいよペルーの旅の本命であるマチュピチュへ向かいます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/80-efe3e90a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。