上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルー料理って聞いても全然イメージが湧かない。
とりあえずアンデスといえばジャガイモとトウモロコシ位しか想像できません。
一体どんなものを食しているのか、トルコ料理に続いて世界の料理ペルー編です。

IMG_0028.jpg
Cebiche(セビッチェ)
魚介類をレモン汁と香辛料を使って味付けしたペルー料理の代表格。
店によって当たりハズレが大きく、見極めが非常に重要。
ちなみに右奥にあるのは巨大なトウモロコシ、ペルーには色々な大きさのトウモロコシ&ジャガイモがあって、これは味無しのポップコーンみたいだった。
IMG_0027.jpg
Lomo Saltado(ロモソルタード)
牛肉・ジャガイモ・タマネギ・パプリカの炒め物。
こちらもペルーを代表する伝統料理で、味付けも日本人好みの味。
迷ったらロモソルタードという位毎回お世話になった。
IMG_0140.jpg
Rocoto Relleno(ロコト・レジェーノ)
ロコトという巨大な唐辛子に牛挽肉などを詰めた料理。
写真のはスクランブルエッグwithチーズソースだけれど、店によってソースは様々。
衣を付けて揚げたりと料理方法もバリエーション豊か。
IMG_0449.jpg
Anticucho(アンティクーチョ)
牛の心臓(ハツ)の串焼き。
クスコの郷土料理で、肉屋が経営する店で食ったものはこの旅のBest5に入るであろう逸品だった。
お酒との相性も抜群だけど、高地ではすぐに酔っぱらってしまうので要注意。
IMG_0457.jpg
Trucha(トゥルーチャ)
チチカカ湖などで獲れるトゥルーチャ(マス)を調理したもの。
これもグリルにしたりフライにしたりと色々な調理方法があるけど、ソースは使わず塩などのシンプルな味付けだった。
白身魚なのでさっぱりした味で食べやすい、久しぶりの魚は嬉しい限りだった。
IMG_0026.jpg
Coca tea(コカ茶)
コカの葉を使った少し青くさい素朴な風味のお茶。
特にまずくもなく、夢中になるほどおいしいわけでもないが高山病予防にもなるらしい。
その他にもコカキャンディー、コカクッキー更にはコカの葉そのままだったりと街中にコカの葉が溢れてます。ちなみにコカ製品を食べたり飲んだりしてもラリったりハイになったりする事はないです。
※コカの葉自体には依存性や精神作用は無いが、化学物質を使って生成されるコカインには、中枢神経を刺激して精神を興奮させる作用がある
IMG_0021.jpg
Udon(うどん)
正式にはSopa(ソパ)というスープ料理なんだけど、出汁を使った味とこの麺の見た目といいうどんです。
3日連続で通ってしまった偉大なペルー料理です(笑)

この他にもアルパカステーキやクイ(食用モルモット)の丸焼きなどまだまだあるけれど、どれも日本人の舌に合う料理なんじゃないかと思う。
ヨーロッパでは自炊&ケバブサンドの毎日だったし、モロッコ料理もインドのカレー同様に単調な味付けばかりで食欲減な毎日だったので、久しぶりに思う存分その国の料理を満喫できました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/84-086a48ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。