上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クスコからバスで6時間ペルーの南部プーノの街へやって来た。
バスターミナルの前に広がるのは「汽船などが航行可能な湖として世界最高所」と言われ富士山の頂上よりも高い場所にある湖、チチカカ湖。
その標高は3810m、大きさは琵琶湖の12倍らしく一見すると海の様に見える。
IMG_0479.jpg
プーノ街は宿の親父にいくら聞いてもチチカカ湖しか見るもんはないという程で、実際チチカカ湖以外には何も無いので、早速チチカカ湖ツアーへ。
まず、向かったのはウロス島。
この島はトトラという葦を積み重ねて出来ている浮島。
IMG_0474.jpg
上陸して自分の足で島を歩いてみると何ともいえない不思議な柔らかい感触が足裏に伝わってくる。
IMG_0464.jpg
島民が説明してくれた浮島の作り方の模型。
作り方は根っこをまとめて、その上にトトラの葉を順々に重ね、最後に杭を湖底に沈めているらしいけど、移動する島なんて夢のような話だけど、現在も大勢の人がこの浮島で暮らしている。
IMG_0481.jpg
島の人達は伝統的な編み物を作ったり、大きな島では畑がありそこで野菜を作ったりしながら生活している。
もちろん電気はおろか水道だってない、近代文明とはかけ離れ時が止まっているかの様な島で暮らす人々たちの目には自分たちはどう映っているんだろう?
IMG_0482.jpg
島民たちの足 トトラ製の船「バルサ」
島民とトトラとは切っても切れない関係であり何を作るにもトトラである。
IMG_0488.jpg
続いてタキーレ島へ移動。
この島も現在でも自給自足、物々交換で生活しており純粋なケチュア民族たちが暮らす島。
IMG_0485.jpg
島の頂上へ向かうために急な階段をゼーゼーいいながら登った場所からは、空よりも青いと呼ばれるチチカカ湖が一望でき、心奪われる素敵な眺めだった。
IMG_0496.jpg
タキーレ島で出会ったかわいい売り子。
こんな売り子につぶらな瞳で見つめられると、ついつい衝動買いをしてしまう。

ペルーではネパールと同様に貧しくてもみんなとっても親切で暖かい人たちばかりでペルービアンの優しさに日々助けられました。
(宿で出会った人はカメラをひったくられたらしく危険な側面もあるけど、それは日本でも起こりえることなので。。。)
でも、これもネパール同様に頻繁にストライキが起こり、いつ次の国ボリビアへ移動できるかわからない。。。
まぁ、しょうがないです、気長に待ちましょう。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/85-7f2648d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。