上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/8

バンコクで3日間過ごし、アンコールワット遺跡群を目指し乗り合いワゴンでカンボジアへ行く事に。

乗客は
アメリカ人 6人
コロンビア人 1人
パキスタン人 2人
日本人(自分) 1人
の合計10人でカンボジア・シェリムアップへ向かって走り出した。

カンボジア01
カンボジアとの国境。
イミグレーションの門からアンコール遺跡風になってる

今まで通過してきた国と同様に問題なく入出国を済ませたのだが、一緒に乗ってきたパキスタン人とコロンビア人は係員と揉めている様子だった。
彼らは一般のツーリストであるのに、必要以上に詮索されたり普通に旅をする事に色々な困難が付き纏い、不憫に思う。

30分近く待ってコロンビア人の彼は出てきたが、パキスタン人の2人は結局現れず、カンボジア側で待機しているバスに乗る事に。
(出身国を聞いた際にも何か言いづらそうな表情をしていた。2人とも明るくて自分に合わせてゆっくり話してくれたりする優しい人だったのだけれど)

カンボジアの悪路に激しく揺れるバスに乗りながら偶然にも日本に生まれた事だけで幸せなんだなと思ったり、先人達が頑張ってきたおかげで自分がこうして旅を出来ている事に感謝していた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terururumarch.blog63.fc2.com/tb.php/9-b3bd8589
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。